未分類

内閣官房職員の飛び降り死亡なぜ?自殺の闇が深い理由!隠蔽他殺の憶測も【コロナ】

2020年2月1日、新型コロナウイルスの対応に当たっていた内閣官房職員が死亡しました。

職員は建物から飛び降り死亡したと見られています。

内閣官房職員が飛び降りた理由は?

死亡した内閣官房の職員の名前は?

あまりに闇が深く、ネットでは憶測が広がっています。

新型コロナ対応で内閣官房職員が飛び降り自殺!

新型コロナウイルスの対応に当たっていた内閣職員が死亡したと報じられました。

報道による情報は以下のとおりです。

・死亡したのは内閣官房職員で37歳男性

・新型コロナウイルス対応に当たっていた

・具体的な業務は中国・武漢からの帰国者の受け入れ業務

・現場は、検査後、症状のない人たちが宿泊している施設

・2020年2月1日午前、埼玉県和光市の施設から飛び降り死亡した

・自殺とみられている。

(引用:TBS

新型コロナウィルスによる犠牲者が、実際の感染者ではなく対応にあたっていた職員であったことに動揺が広がっています。

内閣官房職員の飛び降り死亡なぜ?自殺当時の状況

埼玉県警によると、男性職員が発見されたのは敷地内の路上。

飛び降りた当時の状況は次のように報じられています。

・1月31日から泊まり込んで受け入れ業務に従事していた

・変わった様子はなかった

(引用:産経新聞

泊まり込みで対応に当たっていたことから激務だったことは容易に想像できますが。

しかし飛び降りた理由や原因は一切報じられていません。

ネットでは自殺の理由は「激務だったからではないか」と言われているようです。

『ストレスや不眠不休の激務だったのだろうがたった一日の仕事で自殺』(引用:Twitter

『普段クレームとかに慣れていなかったんだろう』(引用:Twitter

しかし、業務についてたった1日で死亡し、さらに遺書もないなか「自殺とみられる」と報じられていることに対して

本当に自殺か?自殺に見せかけた他殺か?自殺まで追い込んだ何らかの圧力か?』(引用:Twitter

『この事件は闇が深すぎるよ…(引用:Twitter

といった声もあがっています。

内閣官房職員を自殺と判断した根拠は?

報道では「自殺とみられている」と報じられていますが、なぜ自殺と判断したかの根拠が示されていません。

男性が死亡した当時の状況については『変わった様子はなく、遺書もなかった』とのこと。

・寄宿舎から飛び降り自殺した可能性が高い

・遺書は発見されていない。

・変わった様子はなかった

(引用:産経新聞

遺書を残す余裕もないくらいに疲弊して自ら死を選ぶ可能性も否定できませんが。

自殺と判断した根拠が不透明なため

『他殺なんじゃないの?』(引用:Twitter

何か重大な”隠蔽“されている事がある気がしてならないな(引用:Twitter

といった声が出ています。

真相究明の続報を待ちたいところではありますが

自殺と断定された場合、死因究明のための「司法解剖」は行われない場合が多いです。

死因究明の仕組みである監察医制度は、

特定の地域(東京23区、大阪市、神戸市、名古屋市)でしか施行されておらず、

それ以外の地域は、監察医が死体検案を行いません。

この場合、仮に犯罪であったとしても、

現場の警察の判断によって事故死、自殺、病死と判断されれば、

解剖されることはなく、その犯罪が明らかになることはありません。

今回の事件は、このままお蔵入りする可能性が高く「闇が深い!」と言われています。

現場の警察がなぜ自殺と判断しようとしているのか?

もう少し明確な根拠が報じられないかぎり、

他殺や隠蔽の可能性を疑う世間の声はなくならないでしょう。

内閣官房職員の名前は?身元は明かされず

飛び降り死亡したとされる内閣官房職員の名前は明かされていません。

個人情報に該当するため、今後も身元が明かされる可能性は低いと考えられます。

テキストのコピーはできません。