未分類

いじめ被害の訴え文を晒した栃木県日光市の市立小学校はどこ?教諭は厳重注意処分に

2019年12月15日、栃木県内の市立小学校で、いじめ被害を訴える文章を晒したとされる教諭が処分を受けていたことが分かりました。

栃木県内の市立小学校とはどこなのでしょうか?

栃木の小学校でいじめ被害の訴え文が晒される!

2019年12月15日、栃木県内の市立小学校で、いじめ被害を訴える文章を晒したとされる教諭が処分を受けていたことが分かりました。

栃木県内の市立小学校で2018年7月、6年生の男子児童がいじめの被害を文章で訴えたのに、担任の男性教諭(42)が対策をとらず、名前入りの文章をそのまま教室に張り出していたというのです。

児童の家族や学校によると、担任の教諭はクラス全員にいじめに関する新聞記事を読ませ、感想を書かせた。

上級生や同級生から日常的にいじめを受けていた児童は家族と相談の上、「3年からいじめが続きました」「全身にどろをかけられ、プロレスといってぼうこうもされました」「今も続いているため対応してほしい」などと書いて提出した。

しかし、担任は相談に乗ることなく、赤ペンで「その痛み、つらさを知っているからこそ、人に優しくなれる」「負の連鎖をどこかで断ちきろう」などと感想を書き込み、他の児童の文章と一緒に教室に張り出した。

(引用:https://www.asahi.com/articles/ASMD46V8RMD4UUHB01N.html?ref=tw_asahi-tokyo)

いじめを訴える文章は1週間ほど張り出されたために、児童はショックを受け、家族にもすぐには打ち明けられなかったそうです。

結局いじめはその後も続き、3学期に入って児童が休みがちになったため、家族は今年2月、学校を訪問。

校長はこの時、初めていじめ被害や文章が張り出されていたことを知ったとか。

両親は「相談しても、まともに応じてくれなかった。助けを求める文章を張り出すなんて、人としてどうなのか」と話していますが、もっともなことだと思います。

市教委は教諭を2019年度、クラス担任から外し、2019年3月に、対応が不適切だったとして教諭と当時の校長に口頭で厳重注意したそうです。

教諭は担任を外れましたが、現在も同じ学校に勤務しているとのことです。

いじめ被害の訴え文を晒した栃木の小学校はどこ?

報道によれば、今回の問題の現場となった小学校は、栃木県内の市立小学校とのこと。

後日の報道で、場所は日光市だということが分かっています。

日光市の市立小学校は現在20校あります。

具体的な小学校名は公表されていませんが、分かり次第、追記致します。

今後このような問題が起きないようにしっかり対応してほしいですね。

今回のケースは他の児童に晒した点では最悪だと思いますが、いじめを訴えても放置された経験があると話す人は多いので、教員の姿勢が改めて問われている気がします。

 

テキストのコピーはできません。