芸人・タレント

ミルクボーイ駒場孝の筋肉ボディビルが凄い!食事&トレーニングは?【画像】

スポンサードリンク

2019年12月23日放送のM1グランプリで優勝を果たしたお笑いコンビのミルクボーイ。

そんなミルクボーイのボケ担当である駒場孝さんの筋肉に注目が集まっていますね。

駒場孝さんの筋肉画像やボディビルの成績、食事やトレーニングの特徴に迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

ミルクボーイ駒場孝の筋肉ボディビルが凄い!

ミルクボーイ駒場孝の筋肉が凄い!

 名前:駒場孝(こまばたかし)

生年月日:1986年2月5日

出身:大阪府

所属:吉本興業

駒場孝さんがボディビルにハマったのは中学1年生のとき。

地元のジムで『月間ボディビルディング』を読んでボディビルにハマったそうです。

中1の頃通っていた小さなジムで、読み倒されてボロボロの「月刊ボディビルディング」を手にして、完全にボディビルにはまりました!(引用:インスタ

その後、大学から熱心な体作りに熱心に取り組み、見事なボディビルの体を手に入れました。

筋肉芸人の「なかやまきんに君」とも親交があり、お笑いボディビル選手権などにも出場しています。

ミルクボーイ駒場孝のボディビル画像&成績

駒場さんは、大阪クラス別ボディビルコンテストに毎年出場しています。

大阪クラス別ボディビルコンテスト成績(70kg以下級)

2017年 5位

2018年 5位

2019年 7位

このコンテストで上位3位に入賞していれば日本クラス別にも出場できるそうですが、惜しくも3位入賞はのがしているようで、毎年リベンジに燃えています。

別のボディビル大会では優勝経験もあります!

ミルクボーイ駒場孝の食事&トレーニングは?

駒場孝さんの食事やトレーニングも気になりますね。

ミルクボーイ駒場孝の食事は?

駒場さんは食事にはとても気を使っているようです。

  1. 低糖質・高タンパクな鶏肉&卵の黄身を常備
  2. 炭水化物の米は1食100g単位・もちろん玄米
  3. 味噌汁もプロティン味噌汁
  4. オートミールやプロティン常備

鶏肉は冷蔵庫に常備しているようで、筋トレ後の昼食のお弁当も鶏肉メイン。

外食先もボディビルダーらしい低脂質高タンパクな食事を提供するカフェを利用しているようです。

https://www.instagram.com/p/BMBQj8cDbli/?utm_source=ig_web_copy_link

スポンサードリンク

ミルクボーイ駒場孝のトレーニング内容は?

筋肉を成長させて逞しい身体になるためには、筋トレの負荷の調整がとても大切だと言われています。

一般的に、筋肥大を起こすために最適な負荷は、最大筋力の80%で、回数(レップ数)は8〜12回だそう。

駒場孝さんは、追い込む筋トレを掲げて8レップを目標に強化したい箇所をトレーニングしているようです。

スポンサードリンク

ミルクボーイ駒場孝のトレーニングジムはどこ?

駒場孝さんがすきま時間を見つけてはジムに通っているそうです。

そのため全国の遠征先でジムを見つけては通っているとか。

とはいえ、いつも利用しているジムは

  1. 『ジャングルジムスポーツ』(大阪)
  2. 『エニタイムフィットネス』(東京)

だそうです。

①大阪ジャングルジムスポーツ

 

②赤坂エニタイムフィットネス

スポンサードリンク

ミルクボーイ駒場孝は筋肉トレーナー&非常勤講師も

ミルクボーイ駒場孝は筋肉トレーナー

駒場孝さんは大阪の『REAL』というジムでスペシャルトレーナーもしていたようです。

どうやら駒場孝さんの後輩がオープンしたジムのようですね!

https://www.instagram.com/p/BUa85lKhwXH/?utm_source=ig_web_copy_link

ただ、M1グランプリで優勝しましたし、今後は忙しくなると思うので、トレーニング指導を継続するのは難しくなるかもしれませんね!

ミルクボーイ駒場孝は非常勤講師も?

駒場孝さんは、学校でのトレーニング指導もしているようです。

週3日のペースで色々な学校に行き、トレーニング指導をしており、『天王寺区の学生の総ボディービルダー計画』という謎の計画も標榜していました。笑

大手スポーツメーカー・ミズノのスポーツイベントでトレーニング指導もしていました。

ミズノのイベントでスポーツ指導をするのはビリーザブートキャンプのビリー隊長以来だったというのですから、凄いですよね。

ミルクボーイ駒場孝はボディビル雑誌のコラムニスト

駒場孝さんは、2016年からは雑誌「月刊ボディビルディング」の中で、毎月コラムを書いています。

ボディビルを始めたきっかけが、中学1年生のときに見た雑誌「月刊ボディビルディング」の影響ですし、その雑誌で今ではコラムを書くほどになっているんですね!

スポンサードリンク

テキストのコピーはできません。