スポーツ

桃田賢斗の歴代彼女&熱愛遍歴まとめ!福島由紀やスナックママと密会?

スポンサードリンク

バトミントン界のプリンスとも言われる桃田賢斗さん

イケメンの桃田選手に彼女がいるのか気になりますよね?

今回は、桃田選手の熱愛&彼女に迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

桃田賢斗の歴代彼女&熱愛遍歴まとめ!

①スナックママ『キス写真』

桃田賢斗さんの最初の熱愛報道は、闇カジノ発覚と同じタイミングでした。

熱愛相手は、20代のスナックママ

黒髪ロングヘアの美女墨田区内のスナックに勤務していた女性です。

上のキス写真は、デイリー新潮が闇カジノ疑惑を追って張り込み取材をしていたときにキャッチしたものだそう。

「これらの写真は一昨年の年末頃、墨田区内のカラオケスナックで撮影されたものだと思います。女性は20代のスナックママで、桃田は足繁くこの店に通ってはベロベロになるまで飲み明かしていました」(引用:デイリー新潮

デイリー新潮が写真を公開したのが2016年ですので、上の知人の話が本当であれば写真が撮影された当時は2014年。

桃田さんが20歳のときの写真ということになります。

このとき週刊新潮にキャッチされた写真は他にもあります。

・桃田さんがスナックママを”ぎゅっ”と抱きしめている写真

・桃田さんにスナックママが馬乗りしようとしている写真

どれもふたりの親密ぶりが伺いしれる写真で、桃田さんが20歳当時にお付き合いしていた女性で間違いないとみられています。

このスナックママとの関係がいつまで続いていたのかは不明ですが、写真流出については『週刊誌に売られた』『美人局だった』という疑惑もチラついています。

少なくとも、2016年の闇カジノ発覚後は桃田選手は身の振る舞いを反省しているため、おふたりの関係は既に終わっているのかもしれません。

スナックママ馬乗り写真や美人局疑惑について詳しい記事はこちら↓

桃田賢斗スナックママ馬乗り画像!顔を押付け濃密キスする美女の名前は?桃田賢斗さんの過去のスキャンダルと言えば 違法カジノの賭博問題が有名ですが、実はもうひとつあります。 スナックママ馬乗り画像...
スポンサードリンク

②福島由紀『夜這い疑惑』

次に熱愛疑惑が浮上したのが、同じバトミントン選手の福島由紀さん。

福島由紀さんは女子ダブルス日本代表でトップクラスの選手です。

女子バトミントン界では『アイドル』的存在で人気も高いことで知られています。

女性下着メーカー・ワコールと広告契約も結んでおり引き締まった体が綺麗です。

写真左が福島由紀さん↓

ふたりの熱愛疑惑が浮上したのは2018年のこと。

2018年5月7日から16日にかけて、ふたりは東京都北区にある『味の素ナショナルトレーニングセンター(トレセン)』で強化合宿を行っていました。

強化合宿中の、早朝6時頃のことでした。

『日本アンチ・ドーピング機構(JADA)』の検査員が、福島選手に抜き打ちのドーピング検査を行おうとしたところ福島選手が自分の宿泊部屋にいないことが発覚しました。

行方不明の事態に慌てたスタッフが防犯カメラを確認したところ、桃田選手の部屋から出てくる福島選手の姿が確認されたのです。

トレセン関係者は次のように話しています。

「カメラに写っていたのは、桃田の部屋から出てくる福島の姿だった。誰もが『夜這い』という言葉を思い浮かべました。当初、協会はこの件をJOCに報告しませんでした」引用:デイリー新潮

この騒動について記者が桃田選手を直撃すると

「あの、広報の方に連絡してもらって……」引用:デイリー新潮

と桃田選手はしどろもどろ。

所属先のNTTは、ふたりの「同室騒動」は認めつつも、あくまで「話をしていた」だけと回答しています。

ただ、トレセン関係者は

「福島が桃田の部屋に滞在していたのは短時間ではない」引用:デイリー新潮

と話していたとか。

早朝6時以前に、密室でふたりだけの時を過ごしたことが話題になり、熱愛がウワサされました。

スポンサードリンク

桃田賢斗のプロフィール&恋多きエピソード

名前:桃田賢斗(ももた けんと)

生年月日:1994年9月1日

出身地:香川県三豊市

身長:175cm

所属:NTT東日本

桃田選手は端正な顔立ちでイケメンです。モテそうですよね?

桃田選手は少年時代から実力やセンスが光り、将来有望なバトミントン選手として注目されていました。

闇カジノに興じていた当時の様子についてはこんなタレこみもあります。

とにかく彼は『恋多き男』で、キャバクラなんかでも可愛い子を見るとすぐに好きになっちゃうんです(引用:デイリー新潮

桃田選手は惚れっぽい性格のようですね!

ただ、これは闇カジノ当時のタレこみであり、現在の桃田選手を示すものではありません。

謹慎期間を経た現在は、競技生活も私生活も真面目に頑張っているようです。

スポンサードリンク

テキストのコピーはできません。