俳優・女優

【画像】高倉健の養女 小田貴月(貴倉良子)は何者?秘蔵写真や出版本の経緯は?

スポンサードリンク

高倉健さんの遺産を引き継ぎ、次々と処分していった謎の養女・小田貴月さん。

小田貴月さんとは何者なのでしょうか?

小田貴月さんの顔写真や出版本についてもご紹介します。

【動画】高倉健の養女 小田貴月がミヤネ屋に出演!財産処分の真相は? 2019年10月30日、高倉健さんの謎の養女とされる小田貴月さんがミヤネ屋に出演しました。 高倉健さんの死後、高倉健さ...
スポンサードリンク

高倉健の養女・小田貴月(貴倉良子)は何者?

名前:小田貴(おだ たか)

旧姓:河野貴(こうの たか)

芸名:貴倉良子(たかくら りょうこ)

出版ネーム:小田貴月(おだ たか)

生年月日:1964年1月13日

出身:東京都板橋区

最終学歴:千代田女学園短期大学

職業経歴:女優、タレント、声優、ライター、ホテルジャーナリスト、テレビディレクター

高倉健さんの養女(実際には恋人)だったと言われる貴倉良子さんは東京都板橋区出身。

千代田女学園高校在学中にスカウトされ、千代田女学園短期大学に進学したものの、中退をして芸能界入りしました。

その後、貴倉 涼子に改名して1980年代に女優として活躍。

1990年代には、ホテルジャーナリストやテレビディレクターとして、本名の河野 貴名義で活動しました。

1996年に高倉健さんと出会い交際を開始し、2014年5月に高倉健の養女となりました。

高倉健さんと交際する以前に離婚歴が2回あったと言われています。

おふたりの馴れ初めや私生活など、当時の詳しい様子をご本人が2019年10月30日のミヤネ屋に出演して語っています。詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

【動画】高倉健の養女 小田貴月がミヤネ屋に出演!財産処分の真相は? 2019年10月30日、高倉健さんの謎の養女とされる小田貴月さんがミヤネ屋に出演しました。 高倉健さんの死後、高倉健さ...

高倉健の死後にバッシングを受けた理由

高倉健の養女・貴倉良子さんは、高倉健さんのために家で毎日食事を作り、ロケの支度をするなど、17年にわたって健さんの私生活を陰で支えてきたそうです。

『長年世話になった人に財産を残したい』との高倉健さんの意向で、高倉健さんの死の1年半前に養女として養子縁組され、病室での最期もひとりで看取ったとのことでした。

実際にはおふたりは恋人同士の間柄でしたが、高倉健さんの“孤高の映画俳優”のイメージを守るためか、小田さんとは結婚せずに養子縁組したといわれています。

ただ、高倉健さんの死後には、「遺産目当てではないか」との批判でバッシングを受けました。その理由は、高倉健さん死後の遺産に対する行為が波紋を呼んだからです。

「彼女は葬儀を終えるまで健さんの死を彼の遺族に伝えず分骨も許しませんでした。また、健さんの愛車やクルーザーなど“遺産”を次々と処分。なかでも疑惑を深めたのは、健さんの豪邸を取り壊して自分名義の家を建て直したこと。生涯年収が100億円を超える健さんの遺産は40億円といわれ、“まるで内縁の妻による後妻業だ”と囁く人もいました」(前出・芸能関係者)(引用:NEWSポストセブンより)

しかし、貴倉良子さんは世間からのバッシングに対して徹底して沈黙を貫いたため、謎の養女と言われるようになりました。

そんな貴倉良子さんの現在ですが、高倉健さんの著作権を管理している「高倉プロモーション」という会社を引き継いでいるそうです。

その高倉プロモーションの会社社長としていろんな高倉健さんの追悼イベントなどの企画を現在行われているとのこと。

2019年10月末には小田貴月という出版ネームで高倉健さんとの日々を綴った本を出版しました。

高倉プロモーションの住所や連絡先はどこ?高倉健の養女が社長に! 2019年10月30日に出版された小田貴月さんの著作『高倉健、その愛』が波紋を呼んでいます。 高倉健さんの謎の養女とも...

書籍「高倉健、その愛」を出版!本の内容は?


貴倉良子さんは、2019年10月末に小田貴月という出版ネームで高倉健さんとの日々を綴った本を出版しました。
本の内容は、お二人の出会いから高倉健さんがなくなるまでの17年間を記した内容となっています。

本書は五年前に亡くなった高倉健が〝最後に愛した女性〟小田貴月さんによる初の手記です。

海外のホテルを紹介するフリーライターだった貴月さんは、香港で偶然、健さんと出逢います。1996年のことです。

1年ほど文通が続いた後、貴月さんが仕事でイランへ出発する日の朝、二人は〝急接近〟します。

成田行きのリムジンバスに乗ると、健さんから携帯電話に連絡が入りました。

「後ろを見て!」。振り向くと、敬礼のポーズをとる高倉健の姿があったのでした……。

そしてイランのホテルには、健さんから毎晩のように国際電話が入りました。

貴月さんは帰国後、健さんの〝伴奏者〟としての道を選び、それは健さんを看取るまで続きました。

〝孤高の映画俳優〟というイメージを崩さないため、外で会うことは一度もなし。

彼女は健さんのために家で毎日食事をつくり、ロケの支度をするなど身の回りの世話を焼き、そしてたくさんの会話を重ねたのでした。

本書では、貴月さんに直接語った〝言葉〟により、健さんの真の姿を浮き彫りにします。

(引用:AMAZON商品紹介ページより)

世間からの非難を呼ぶ覚悟で出版を決めた理由には高倉健さんからの遺言があるそう。

「議論を呼びそうな出版は覚悟の上だと思います。彼女は生前の健さんから『ぼくのこといちばん知っているのは小田さんだから、自分のことを書き残してほしい』と言い渡されていたことを守り抜きたいのでしょうね」(前出・芸能関係者)(引用:NEWSポストセブンより)

本には高倉健さんとのプライベート写真も収められているそうです。

2019年10月30日放送のミヤネ屋では、そのプライベートの秘蔵写真の一部が公開されました。こちらです。

2019年10月30日放送のミヤネ屋の放送内容はこちらにまとめています。

【動画】高倉健の養女 小田貴月がミヤネ屋に出演!財産処分の真相は? 2019年10月30日、高倉健さんの謎の養女とされる小田貴月さんがミヤネ屋に出演しました。 高倉健さんの死後、高倉健さ...
テキストのコピーはできません。