歌手・アイドル

横山裕の生い立ちが壮絶!母親を癌で失い弟は施設送りで義父と確執も。

スポンサードリンク

ジャニーズアイドル・関ジャニ∞メンバーの横山裕さん。

横山裕さんといえば、関ジャニ∞の中でも天然キャラで、バラエティー番組にもよく登場する明るい性格で人気です。

しかし実は、横山裕さんは3歳の頃に両親が離婚しており、母親は癌で死去・弟は施設送りになってしまった壮絶な過去を持っています。

横山裕さんは、NHK番組「令和家族」に出演し当時の心境を語りました。

今回は、そんな横山裕さんの壮絶な生い立ちや、NHK「令和家族」で語っていた内容をご紹介します。

スポンサードリンク

横山裕のプロフィール

本名 横山 侯隆(よこやま きみたか)
生年月日 1981年5月9日(38歳)
出身地 日本・大阪府大阪市此花区
身長 176 cm
血液型 A型
職業 歌手
俳優
パーカッショニスト
トランペッター
ジャンル 音楽番組
バラエティ番組
テレビドラマ
活動期間 1996年-
事務所 ジャニーズ事務所

横山裕さんは大阪出身。

中学3年生の時にジャニーズのオーディションを受けました。

オーディションは不合格だったものの、その帰りに偶然ジャニーさんに会い「You、舞台観に来る?」と誘われその後奇跡的に合格。

本名の『横山 侯隆(よこやま きみたか)』を「You!!その漢字読めないよ~!!」とジャニーさんに言われ、名前を『裕』に変え活動を開始し、現在に至ります。

横山裕の生い立ちが壮絶!

横山裕が3歳のとき両親が離婚

横山裕さんは、裕福な家庭の一人っ子として生まれました。

幼いころは父親と母親に大切に育てられ、愛情あふれる家庭で育っていたようです。

しかし、横山裕さんの人生は、父親と母親の離婚で一変しました。

横山さんは3歳の時に両親は離婚。

当時、車の中で父親と母親が別れ話をしていたことを鮮明に覚えているといいます。

NHK「令和家族」で当時の様子を次のように回想しました。

海岸みたいなところに行ったんです

工場みたいな煙突とかあって

僕は後部座席に乗ってたんですけど

そのときに別れ話をしていて

絵で覚えているというか・・

横山さんは、母親の側に引き取られました。

横山裕は母親の再婚で祖父母に預けられる

横山さんが5歳の時に母親は別の男性と再婚しました。

しかし横山裕さんは前の夫との連れ子だったために、義父に邪魔者扱いれさたそう。

そのため、横山裕さんは一時、祖父母に預けられていた時期もありました

母親は再婚相手の男性と2人の子供をもうけています。

横山裕さんは小学校まで祖父母の家で暮らしたそうです。

ただ祖父が心臓の病気で亡くなってしまったため、横山裕さんも再び母のもとで暮らすことになりました。

横山裕、義父の暴力と怒号に耐える日々

母親・義父・2人の弟と暮らしていた団地を、横山さんは『奇妙な生活をしていた団地』と話しています。

横山裕さんと義父との関係は良くなく、ひどい暴力を受ける日々が続きました。

母親がかばってくれることもあったようですが、基本的には義父の虐待は、前の夫の子供である横山裕さんに向けられていたようです。

NHK「令和家族」で当時の様子を次のように回想しました。

突然「今日からお父さんと呼びなさい」って

(義父が)言ったのは覚えてますけど

衝撃だったんですよね

始めは全然言えなかった

それでお父さんと言えなかったから・・

僕一回頭どつかれたんですよ

「早よ呼べ!」って言われて・・

母親は始めは幸せだったのかもしれないけど

やっぱ(途中からは)だんだん辛そうでしたよ

あまり(義父を)悪く言いたくはないけど

母親はよく泣いていたし

怒号がすごい聞こえていたときもあったから・・

団地での暮らしは荒れていたようです。

NHKの放送では語られませんでしたが、ラジオでは横山さんが義父に棒で殴られていたと明かされています。

横山裕さんばかりか弟2人も暴力を振るわれていたようで、横山裕さんが弟たちをかばうこともあったそうです。

母親はよく泣いており、義父の怒号が聞こえていた時もありました。

横山裕は中卒で建設会社に就職・ジャニーズ活動開始

横山さんは中学卒業と同時に建設会社に就職しました。

早く自立しなければという思いが強かったといいます。

そして、同時にジャニーズJr.のレッスンに通いはじめました。

実は、横山裕さんがジャニーズに入った理由は、

中学3年生の時に母親がジャニーズに履歴書を送ったから。

本当は再婚相手と母親はうまくいっておらず、離婚して横山裕さんを守るためにも、お金が必要だったのかも知れませんね。

母親は仕事を掛け持ちし、横山裕さんは建設現場からジャニーズのレッスンや撮影現場に通うようになりました。

当時のことを横山裕さんは次のように回想しています。

「みんな現場までは制服で来たりしていたんですけど、僕は働いているから作業着で行っていたんです。

そしたら事務所の人に『お前そんなんで来んな!一応、夢売る仕事やねんから』って言われて(笑)。

だから僕は駅着いたらトイレで私服に着替えて、テレビ局着いたらレッスン着に着替えて。人より着替え1回多かったです(笑)」

(引用:Zakzak

横山裕さんは20歳前後からようやく売れ始め徐々にメディア露出するようになりました。

村上信五さんとは、当時から同期で大の仲良しだったそうです。

ジャニーズの活動で十分な収入が得られるようになり、横山さんは建設会社を辞めましたが、当時の彼の働きぶりは非常に評価されていました。

辞めることを告げに行った際には「お前が芸能界でアカンかったらいつでも戻って来いよ」と言われたそう。努力していたんですね。

横山裕の母親が癌になり離婚、弟は施設送りに

仕事を掛け持ちしていた母親はその後、癌になってしまいました。

そしてこの頃に、母親と再婚相手の男性は離婚してしまいます。

2人の弟たちは母親が引き取りますが、養っていけないという事情で弟たちは一時施設に預けられました。

弟だれがみる?ってなって

それで弟はとりあえず施設に入ることになったんです

弟も辛そうでしたね、それはやっぱり

横山裕さんにとっては父親違いの弟。

弟の名前や年齢については次のことが分かっています。

6歳年下:勤(つとむ)くん

8歳年下:充(みつる)くん

一時は、年の離れた弟を育てていくのにも窮していたといいます。

横山裕さんだけの収入で、母親の治療費と2人の弟の養育費を賄い、生活を続けていくのは限界があったのでしょう。

スポンサードリンク

横山裕の母親が死去、泣きながら『オニギシ』を歌う

横山さんが関ジャニ∞がデビューした後、2010年に母親が亡くなりました。

横山裕さんの母親は、スーパーに買い物へ行った際に突然倒れ、そのまま意識が戻る事もなく、亡くなってしまったといいます。死因は虚血性心疾患でした。

横山裕さんが29歳、母親はまだ50歳でした。

実はこの時、横山裕さんはソロコンサート真っ最中でした。

スタッフは母親の死とあってコンサート中止も提案しましたが、横山裕さんはそれでは母親が悲しむと、ソロコンサートを予定通り開催したそうです。

『オニギシ』という曲は、横山裕さんが”オカン”への思いを綴った曲で、横山裕さんのファンの間でも有名な曲です。

「(母が亡くなった時に) 僕、自分が作詞したオカンの歌を歌っていたんですよ」

横山裕さんは、母が亡くなったときも、コンサートで『オニギシ』を歌いました。

ー『オニギシ』歌詞(一部抜粋)

『お母ちゃん、ボクは何してあげられた?優しかった?もっと一緒に笑いたかったな。でももうそれも遅いんやな……』

母親を思いながら歌った横山裕さんは、途中から歌えなくなり、ステージで泣き崩れてしまったといいます。

スポンサードリンク

横山裕の弟は母の死にショックを受け記憶喪失に

母親の死は、弟にも衝撃を与えました。

弟は母の死のショックからおよそ2年間、弟は記憶喪失になってしまったのです。

「涙も見せなかった弟が、(母が)死んだ1週間後とかにバっと倒れた」。そして「いきなり電話かかってきて『兄ちゃん、病院の先生が意味分からんこと言っている。まわりの人がオカン死んだって言っている』って言ってきて…。(弟の)記憶が飛んじゃったんですよ」(引用:Zakzak

弟の記憶喪失を目の当たりにして、横山裕さんは弟と楽しい思い出を作らなければと感じたそうです。

「その1年後くらいに一緒に旅行に行ったんですよ。楽しい思い出をいっぱい作らないとアカンって思って」(引用:Zakzak

何度か旅行などを重ねていくうちに弟は記憶が戻ったそうです。

横山裕さんは、母親の死後もしっかり弟の面倒を見ていて大学や専門学校の学費も、横山裕さんが支払っていました。

父親違いとはいえ、2人の弟は大切な家族だったんですね。

スポンサードリンク

横山裕は義父のことをどう思っている?

横山裕さんは義父の暴力や母親の死など、大変な時期を必死に乗り越えてきました。

横山さんはNHK『令和家族』では、義父に何年も会っていないことがずっと引っかかっていると明かしました。

今でも、許せない部分があって複雑な思いを抱えているといいます。

母親が(病気で)大変な時期にいなかった人ですし

僕もめちゃくちゃ怒られた時期もあるし・・

ちょっとまだ許せていない部分がある

ただ、『令和家族』の後半、里親の元で育った子どもたちと会話するうちに横山裕さんの心境にも変化が芽生えたようです。

義父の居場所は分かっているとのことで、横山裕さんは『向き合わなきゃいけないんだなって』と心境を語っていました。

スポンサードリンク

テキストのコピーはできません。