俳優・女優

【画像】ディーンフジオカの嫁は元モデル!大富豪の社長令嬢だった?

スポンサードリンク

俳優・ディーンフジオカさんの嫁は、インドネシア国籍のヴァニーナ・アマリア・ヒダヤット(Vanina Amalia Hidayat)さんです。

ヴァニーナさんは元モデルで、実家はインドネシア大手企業の創業一族。

今回は、人気俳優・ディーンフジオカさんの嫁について分かりやすくまとめました。

スポンサードリンク

ディーンフジオカの嫁は元モデルで美人!

ヴァニーナさんのプロフィール

ディーンフジオカさんの嫁はヴァニーナさん

名前:ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤット(Vanina Amalia Hidayat)

出身:オーストラリア

国籍:インドネシア

生まれ:中国人とインドネシア人のハーフ

職業:元モデル・レコード会社経営

ヴァニーナさんはディーンフジオカさんの2歳年上で中国人とインドネシア人のハーフです。

ヴァニーナさんについては、ディーンフジオカさんが「福建省系の華僑である」と、2015年12月8日号の週刊女性でコメントしています。

ヴァニーナさんは福建省系の華僑

福建省は台湾にほど近い中国本土の港湾都市。

華僑は、中国本土から海外に移住した中国人およびその子孫のことで、東南アジアで巨大な富を築いていることで知られます。

ヴァニーナさんも、そんな華僑の流れをくむ子孫で、生まれつきの生粋セレブですね。

ヴァニーナさんは元モデルで美人!

ヴァニーナさんは、若い頃はモデルをしていたそう。モデル時代の写真を見ると美人だなと思いますね!

ヴァニーナさんのモデル時代①
ヴァニーナさんのモデル時代②

ヴァニーナさんはモデル時代にタトゥーもしていたそうです。

ヴァニーナさんのタトゥーも可愛い!

ヴァニーナさんはモデル時代にタトゥーをしていたようです。

ヴァニーナさんのタトゥーが可愛い!

結構大胆なタトゥーですが、インドネシアではタトゥーはファッション感覚だそうですよ。

そんな感覚で見てみると、オシャレで可愛いですよね!

ヴァニーナさんの性格はジャカルタの虎?

ジャカルタの虎

ディーンフジオカさんはバラエティ番組で嫁のヴァニーナさんについて聞かれた時に

「ジャカルタの虎って感じですかね!」

とコメントしていました。

ジャカルタの虎と聞くと怖いイメージですが

「厳しいときにはとことん厳しく、しかし困っている人がいると放っておけない、愛に溢れた人」

という意味で話したそうです。

タトゥーの画像も大胆ですし、ダイナミックで意志が強く、正義感に溢れた女性なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

ヴァニーナさんとディーンフジオカさんの馴れ初め

ディーンフジオカのプロフィール

ディーンフジオカ

ディーンフジオカさんは、父親はメーカー勤務、母親はピアノ教師をしていて、4人兄弟の長男です。

名前:ディーン・フジオカ(Dean Fujioka)

出身:日本

国籍:日本

生まれ:両親とも日本人(ただし父親は中国生まれ)

職業:モデル・俳優

アメリカに留学してアメリカの大学を卒業後、アジアで放浪生活を開始。

アメリカ留学・アジア放浪中に、日本語、英語、中国語(広東語と現代標準中国語)、インドネシア語を習得しました。

放浪中に香港でスカウトされて、モデルから俳優へと活動を広げました。

ヴァニーナさんとの出会いは台湾

ヴァニーナさんとの馴れ初め

おふたりの出会いは台湾で、共通の知人の紹介で台湾の台北でディナーをしたのがきっかけ。

お互いに「運命の出会いだ」と感じて交際に発展したそうです。

ヴァニーナさんは元モデルですし、ディーンフジオカさんも香港でモデルや俳優として活動をしていましたから、意気投合したのかもしれません。

2008年から交際開始し、ヴァニーナさんの住むインドネシアのジャカルタへ移住。

当初はあまり売れていなかったようで、彼女の家に滞在して生活費を節約しながら、台湾で仕事をし、ジャカルタで音楽制作をしていたそうです。

ヴァニーナさんとの結婚は衝動的に

ヴァニーナさんと結婚

おふたりは4年の交際期間を経て2012年に結婚しました。

結婚プロポーズは、玄関先で衝動的に告白したそうです。2017年6月24日公開の映画『結婚』のPRインタビューでコメントしています。

ずっと遠距離の関係が続いていたこともあって、玄関で衝動的にプロポーズした

台湾・香港とインドネシアを行き来する日々で遠距離恋愛だったようですね。

ヴァニーナさんは再婚?

ヴァニーナさんの連れ子

2017年4月4日発売の『週刊女性』が報じた内容によると、ヴァニーナさんには、連れ子がいたそうです。2017年当時の連れ子の年齢は20歳。

彼と結婚する以前に子どもを生んでいる。子どもは現在20歳で男性。ディーンフジオカさんの子どもではない(引用:2017年4月4日発売の『週刊女性』より)

時期を逆算すると、連れ子はヴァニーナさんが18歳のころに生んだ子どものようです。

一部では再婚疑惑が浮上しましたが、インドネシアで信仰されているキリスト教(カトリック)では離婚が制限されるそうで、ヴァニーナさんに結婚歴があったのかは不明。

もしかしたら、始めからシングルマザーとして未婚で生んだ可能性も大きく、ディーンフジオカさんとは再婚ではなく初婚だったのではないかとも言われています。

モデル時代のタトゥー写真を見るとヤンチャ感はありますし、親がお金持ちなので金銭的には困っていなかったのでしょうね。

スポンサードリンク

ヴァニーナさんは実家が大富豪

ヴァニーナさんはインドネシア大手の創業一族

シドムンチュル(SIDOMUNCUL)はインドネシアの生薬メーカー

ヴァニーナさんの実家は、インドネシアの大手企業シドムンチュルの創業一族。

シドムンチュルは、1941年創業の老舗製薬会社です。

インドネシアでジャムーと呼ばれる伝統生薬をヒットさせ急成長したインドネシア大手の生薬メーカーで2013年にはジャカルタ証券取引所にも上場しています。

年商は100億円以上とも言われています。

ヴァニーナさんは実は社長令嬢でお金持ち

シドムンチュル経営者のイルワン・ヒダヤットさん

ヴァニーナさんの父親は、イルワン・ヒダヤットさん。

シドムンチュルの経営者のひとりです。

シドムンチュルは、生薬事業で巨額の富を築き上げました。今では生薬事業だけでなく、ホテルやエンタメ(音楽レコード)事業にも手を広げているそうです。

ヴァニーナさんは生粋の社長令嬢で相当なお金持ちですね!

ヴァニーナさんはレコード会社の経営者

Delapan Naga Angkasa

ヴァニーナさんはレコード会社『Delapan Naga Angkasa』を経営していました。

ディーンフジオカさんは、ブレイクする前はジャカルタに彼女の家に身を寄せて音楽制作をしていたので、この会社は、おそらく当時身を寄せていた活動拠点だったのでしょう。

しかし、この会社のSNSの履歴は2014年を最後に更新されていません。

ヴァニーナさんは結婚後、2014年にディーンフジオカさんとの子どもを出産しており、子育てで忙しいのかもしれません。

ディーンフジオカさんは現在ではブレイクして日本の事務所に所属しています。

ジャカルタのレコード会社は、ディーンフジオカさんを支えるというお役目を果たし終えたのかもしれません。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、人気俳優・ディーンフジオカさんの嫁ヴァニーナさんについて分かりやすくまとめました。

ヴァニーナさんは元モデルでとても美人ですよね!ディーンフジオカさんが選んだ女性ですから、きっと素敵な方なのでしょう。

スポンサードリンク

テキストのコピーはできません。