政治家

鈴木直道の生い立ちと家族|母親は離婚し母子家庭に・父親は政治家(元埼玉県議会議員)

スポンサードリンク

2019年4月に北海道知事に初当選した最年少知事・鈴木直道さんが話題になっています。

鈴木直道さんは北海道知事ですが、北海道出身ではありません。

鈴木直道さんは埼玉出身、高校時代に母親が離婚し母子家庭となりました。

母親はその後、再婚しています。再婚相手は元埼玉県議会議員だそう。

鈴木直道さんの学歴・経歴や、政治家としての実績や評判についてまとめました。

スポンサードリンク

鈴木直道の生い立ち|母親が離婚し母子家庭に

名前:鈴木直道(すずき・なおみち)

生年月日:1981年3月14日

出身:埼玉県

最終学歴:法政大学卒 

2019年4月に最年少で北海道知事に就任した鈴木直道さん。

鈴木直道さんは埼玉県生まれの埼玉県育ちです。

幼少期の鈴木直道さん↓

1993年:埼玉県内小学校卒業

1996年:埼玉県内中学校卒業

小学校、中学校の詳細情報はありませんが、高校まで埼玉県三郷市で育っており地元の公立校出身といわれています。

お姉さんの隣で負けん気の強そうな少年が写っていますね。

スポンサードリンク

鈴木直道の母親が離婚・母子家庭になる

鈴木直道さんの出身高校は『埼玉県立三郷高等学校』です。

1999年:埼玉県立三郷高等学校 卒業

1999年:東京都入庁(職員)

鈴木直道さんが高校生2年生のときに、両親が離婚しており、母子家庭となりました。

当時短大に通っていた姉は退学して働くようになり、鈴木直道さんも高校に通いながらアルバイトに明け暮れたといいます。

アルバイトは、スーパーの品出し、引越センターや酒の卸売りセンターの作業、土木関連の肉体労働など。

高校の夏休みには家屋の基礎工事で、朝の4時から夕方18時ころまでコンクリートを流し込む作業などをしていたそうです。

当時の様子を鈴木直道さんは次のように回想しています。

大学を卒業して就職することが当たり前だと思っていましたが、親がいることや大学に行くことは決して当たり前のことではないと気づいた。

姉が大学をやめて働き始めたので、私も高校を中退して働こうとしたら、周りの人から「高校は出なさい」と言われました。

今思えば奨学金制度などもあったでしょうが、当時はその日その日を乗り越えていくのに精いっぱいで、そんな考えに及ぶ余裕もありませんでした。

引用:読売新聞

そのため高校生でありながら「普通の高校生活に憧れた」と語っています。

鈴木直道さんは、複数のアルバイトを掛け持ちしながら、一方で高校では生徒会長も務めていたそうです。

スポンサードリンク

鈴木直道の出身大学は『法政大学』(夜間部)

鈴木直道さんは高校卒業後は、いったん進学の道を諦め、東京都の採用試験を受け、職員となりました。しかし、大学生活への憧れを捨てきれなかったそう。

たまたま手に取った本で、高卒で就職するなら公務員がいいと思い、国家公務員よりも給与の高い東京都庁に就職しました。

それでも大学生活への憧れは捨てきれず、職場の人に相談したところ、職場からお金を借りられることを知りました。

当時の課長も夜学を出ており、いろいろ教えてくれたんです。

1年目から行くのではなく、貯金をして2年目から行きなさいというアドバイスをいただきました。

引用:読売新聞

鈴木直道さんは、入庁の翌年には仕事をしながら、自力で法政大学法律学部法律学科二部に入学しました。

1999年:東京都入庁(職員)

2000年:法政大学入学

2004年:法政大学卒業

大学時代には、昼間は都庁で仕事をし、夜18:30〜21:30に大学講義を受け、大学の講義後、夜23時までボクシングに打ち込んだといいます。

法政大学ではもう同じ生活は二度とできないくらい頑張りました。

留年などもってのほかで、働きながら4年間で卒業するとなると、1日2コマ履修して単位は1つも落とせない。

体育会ボクシング部にも入り、肉体的にも精神的にも大変でしたが、その日その日を一所懸命過ごしました。

あの時の大変さを乗り越えたという自信が自分の原点になっています。

引用:読売新聞

ボクシング部ではなんと主将にも抜擢されています。

スポンサードリンク

鈴木直道は大学時代にボクシング部で主将に抜擢

鈴木直道さんがボクシング部に入ったのは『単位目当て』だったんだそうです。

しかし『単位を落とせない』と真面目に取り組んでいたところ主将に抜擢されました。

実は、私は怠け者ですぐにさぼる人間なんです。

自分を逆境に置かないと駄目になるとわかっているので、都庁に入ってからも敢えて厳しい仕事に自分を追い込んでいました。

ボクシング部に入ったきっかけも、出席すれば体育の単位がもらえるという軽い気持ちからで、もちろんボクシングは未経験です。

しかし、入ってみたら練習場がオリンピック強化施設で驚きました。

入部当初は、仕事で昼間の練習には出られない分、授業が終わって毎晩9時から11時までひたすら掃除や洗濯担当。

残ったわずかな時間で練習に励みました。単位を落としたくない一心で毎日のように通っていたら、出席率が一番高いということで主将に推薦されました。

東京都代表として国体や全日本に出る目標を掲げて頑張りましたが、決勝で敗退。挫折も含め、とてもいい経験になりました。

引用:読売新聞

鈴木直道さんは、土日も休み無くボクシングの猛練習に励み、国体の東京予選では準優勝の成績を収めました。

大学時代に現在の伴侶(妻)と知り合い、2011年に結婚しています。

鈴木直道の妻は麻奈美夫人!イケメン知事支える嫁の献身ぶりが凄い【画像】2019年から北海道知事に就任した鈴木直道さん。 鈴木直道さんは結婚しており、現在は北海道で妻と愛犬と暮らしています。 鈴木...
スポンサードリンク

鈴木直道の家族|母親が再婚・父親は政治家?

鈴木直道の母親は再婚していた

母親は、鈴木直道さんが高校2年生のときに離婚するも、鈴木直道さんが22歳のときに再婚しています。

つまり離婚した5〜6年後には再婚しているということですね。

子連れという家庭事情がありながらも、再婚相手を見つけているので、よほど美人なのでは?と想像します。

そして、その再婚相手は元埼玉県議会議員の経歴を持つ政治家であることが分かっています。

スポンサードリンク

鈴木直道の父親は元埼玉県議会議員

母親の再婚相手は、元埼玉県議会議員の長嶺正之さんという方です。

母親は16年前(鈴木氏が22歳時ごろ)に、元埼玉県議の長嶺正之氏(名刺には「有限会社 長嶺経済企画」)と再婚している 引用:IB NEWS

だた、会社の名刺に書かれていた『長嶺正之』という名前はビジネスネームかもしれません。

調べてみても、『長嶺正之』という名前の埼玉県議会議員はいらっしゃいませんでした。

代わりに、『長峯正之(長峰正之)』という名前の埼玉県議会議員の方がいらっしゃいました。

一般に候補者が立候補の届出をするときは『戸籍上の氏名』を使いますが、一定の手続きを経れば『通称』を使うことも認められています。

さらに本名の漢字を、別の字体(具体例 廣→広、眞→真、萬→万など)に更正して記載することも可能です。

峯→峰という更生も可能なようですね。

鈴木直道さんの父親であるという確証はありませんが、ご参考までにご紹介しておきます。

2000年出馬時の元埼玉県議会議員『長峯正之』さん↓

長峰正之(ながみね・まさゆき)、00年衆院選埼玉14区・比例代表重複立候補、民主党、党支部長(埼玉県議、市議、会社員)三郷市、駒沢大

埼玉県三郷市は、鈴木直道さんの出身地かつ生まれ育った地元にあたります。

地元が同じ政治家ですし、何らかの接点があるかもしれません。

スポンサードリンク

鈴木直道の妻は麻奈美夫人!イケメン知事支える嫁の献身ぶりが凄い【画像】2019年から北海道知事に就任した鈴木直道さん。 鈴木直道さんは結婚しており、現在は北海道で妻と愛犬と暮らしています。 鈴木...
テキストのコピーはできません。