未分類

吉野彰|学歴・経歴・受賞歴まとめ!出身は北野高等学校で5人家族!

スポンサードリンク

2019年のノーベル化学賞に、吉野彰さんが選出されました。

旭化成の名誉フェローで元九州大客員教授と報道されていますが、実際にはどんな経歴を持つ方なのでしょうか。

今回は、2019年のノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんの経歴・学歴・受賞歴や、吉野彰さんのご家族に関する情報をご紹介します。

スポンサードリンク

吉野彰さんのプロフィール

  • 名前:吉野彰(よしの・あきら)
  • 生年月日:1948年1月30日
  • 年齢:71歳(2019年時点)
  • 出身地:大阪府吹田市
  • 趣味:テニス、ゴルフ
  • 職業:エンジニア、研究者、大阪大学博士(工学)、旭化成名誉フェロー

吉野彰さんは、電気化学を専門とする日本のエンジニアで研究者です。

大阪出身ということもあり、野球は阪神ファンだそう。

テニス歴は35年以上で、今でも自宅近くで週1回はプレーしているんだとか。

文武両道というイメージでしょうか。

信条は挑戦を恐れないことと話しています。

吉野彰さんの功績

吉野彰さんの功績は、リチウムイオン二次電池の発明です。

吉野彰さんは1983年に、「新しい二次電池」とも呼ばれているリチウムイオン二次電池の原型を創出し、2年後の1985年に基本概念を確立。

吉野彰さんの発明したリチウムイオン二次電池(LIB)は、現在では誰もが知る幅広い電子・電気機器に搭載されています。

具体例を挙げると携帯電話、ノートパソコン、デジタルカメラ・ビデオ、携帯用音楽プレイヤーなどですね。

小型で軽量なLIBが搭載されることで携帯用IT機器の利便性は増していき、2010年にはLIB市場は1兆円規模にまで成長しました。

迅速で正確な情報伝達、それにともなう安全性の向上・生産性の向上・生活の質的改善などに私たちのIT生活に多大な貢献をしているというわけです。

また、今はエコカーと呼ばれる自動車などの交通機関の動力源として実用化も進んでおり、今後さらに重要な役割が増えていく見通しです。

吉野彰さんの学歴・経歴

業界内では有名な吉野彰さんですが、まだまだ一般的に何をしている方なのかは知られていないかと思います。

ここでは、吉野彰さんのこれまでの経歴や、学歴、受賞歴を紹介させていただきます

吉野彰さんの学歴・出身高校

吉野彰さんの出身校は以下の通りです。

  • 出身高校:大阪府立北野高校(偏差値76)
  • 出身大学:京都大学工学部石油化学科(偏差値65)
  • 出身大学院:京都大学大学院工学研究科

大阪府立北野高校は、大阪府内トップクラスの学力を持つ高校です。

漫画家・手塚治虫先生をはじめ、元大阪府知事の橋本徹さんや有働由美子アナなど優秀な方々が卒業されています。

全国での偏差値レベルは2番目とも言われている超進学校ですね。

そして、京都大学に進学し1970年に京都大学を卒業しています。

京都大学では学部は工学部で石油化学科でした。

さらに京都大学大学院で工学研究科石油化学を専攻し1972年に卒業。

その後、旭化成(株)に入社しています。

吉野彰の経歴

吉野彰さんの大学卒業後の経歴は以下の通りです。

  • 1972年:京都大学大学院工学研究科石油化学専攻修士課程修了
  • 1972年:旭化成工業株式会社(現旭化成株式会社)入社
  • 1994年:(株)エイ・ティーバッテリー技術開発担当部長
  • 1997年:旭化成(株)イオン二次電池事業推進室 室長
  • 2003年:旭化成フェロー就任
  • 2005年:論文博士にて大阪大学で博士(工学)の学位取得
  • 2005年:旭化成(株)吉野研究室 室長
  • 2017年:名城大学大学院理工学研究科 教授
  • 2019年:ノーベル化学賞を受賞

吉野彰の学術賞や栄典

吉野彰さんのこれまでの受賞歴は以下の通りです。

●学術賞

  • 1999年:化学技術賞(日本化学会)、Technical Award of Battery Division(米国電気化学会)
  • 2001年:市村産業賞功績賞(新技術開発財団)、関東地方発明表彰文部科学大臣発明奨励賞(発明協会)
  • 2002年:全国発明表彰文部科学大臣発明賞(発明協会)
  • 2003年:文部科学大臣賞科学技術功労者(文部科学省)
  • 2011年:山崎貞一賞(材料科学技術振興財団)、C&C賞 (NEC)
  • 2012年:IEEE Medal for Environmental and Safety Technologies(米国IEEE)
  • 2013年:グローバルエネルギー賞(ロシア)、加藤記念賞
  • 2014年:チャールズ・スターク・ドレイパー賞(全米技術アカデミー)
  • 2018年:日本国際賞(国際科学技術財団)、中日文化賞
  • 2019年:欧州発明家賞 非欧州部門 (欧州特許庁)
  • 2019年:ノーベル化学賞(スウェーデン王立科学アカデミー)

●栄典

  • 2004年:紫綬褒章

海外での受賞歴も多く、素人目に見てもすごい人なんだなと思います。

吉野彰さんの家族は5人

吉野彰さんの家族は、嫁、息子、娘が2人の5人家族です。

嫁は動画でも映っていますが、名前は久美子さんといいます。

吉野彰さんが国際賞を受賞したときには、奥様も一緒に同伴されており当時の天皇陛下より花束を受け取られていました。

2014年に「チャールズ・スターク・ドレイパー賞」を受賞した際には、授賞式には家族でワシントンに行かれたそうです。

ノーベル賞の受賞では、嫁の久美子さんと娘の裕子さんがNHKの取材に応じました。

ノーベル賞の授賞式も、過去の受賞者を見ると奥様や子供が同席することが多いですから、吉野彰さんも家族同伴すると考えられます。

吉野彰さんの自宅は

吉野彰さんは、現在神奈川県藤沢市に在住しています。

藤沢市は「湘南」と呼ばれる人気の地域ですね。

奥様の久美子さんと次女の3人暮らしなんだそう。

第一子の誕生と共に藤沢へ引っ越したということなので、湘南暮らしは長いのかもしれません。

ノーベル化学賞の受賞で自宅には取材陣が殺到しているかもしれませんね。

テキストのコピーはできません。