漫画・小説

私たちはどうかしている|漫画16話/4巻ネタバレ感想!あらすじ考察

漫画『私たちはどうかしている』は、講談社の女性漫画誌『BE・LOVE』で連載している『安藤なつ』による人気作品です。

この記事では、漫画の第4巻に収められている第16話のネタバレ感想を書いていきます。

他の話数のネタバレ感想はこちらをクリックしてご覧ください。

私たちはどうかしている|漫画16話/4巻ネタバレ感想

漫画『私たちはどうかしている』の第16話タイトルは『茶室』。

直前話のネタバレ感想はこちら

《ネタバレあらすじの内容をざっくりと解説!》

あんたはほんとに花岡七桜なのか、それとも、さくらなのか?

七桜は逡巡します。

(どうしよう…本当のことを言うべきなの?そしたら椿はどうするんだろう)

七桜が思い出したのは初めて椿と肌を重ねた時の椿の言葉でした。

『もし「さくら」が目の前に現れたらー。消えてもらうよ。俺の前から永遠に。』

(私は…覚悟してきたんだ)

七桜の脳裏に、母親への思いが蘇り、七桜は椿に言いました。

『私は花岡七桜です。「さくら」じゃありません。そんなに似てるの?私。「さくら」って子と。』

椿は少し間をおいて何かを考えてます。そして言いました。

『…「さくら」は、物陰に隠れていつも恥ずかしそうにしてる子だった。そんなふうに俺を真っ直ぐ見たりしなかった。あんたの、その瞳が好きなんだ。七桜、おまえを信じる』

椿は、優しく七桜の頬を引き寄せて、七桜にキスをするのでした。

七桜は、本当のことは言えませんでしたね…。

椿は、茶室の掛軸の前で、自分の気持ちを正直に七桜に伝えました。

掛軸の言葉は「不妄語戒(ふもうごかい)」。偽りの心を持ってはいけない。

(偽りの心を持てば、地獄に落ちるー。という意味でも描かれています)

七桜は、母親の無実を晴らすために、地獄に落ちる覚悟を決めたのです。

椿は、七桜の言葉を信じ、七桜に向き合おうとしていきます。

《ネタバレあらすじの内容をざっくりと解説!》

椿は、七桜の考えたデザインの「落とし文」を作ることに決め、七桜に猛特訓の指導をはじめました。

厨房で、七桜と椿はぶつかり合う日々。一方、七桜と職人の城島は、菓子の話で盛り上がり、なんとも楽しそうです。

そんな七桜と城島をみて、椿が皮肉まじりに言います。

椿『お前は笑ったりしないんだと思ってた。俺は見たことないからな』

七桜『そ…そんなことないでしょ』

椿『じゃあ見せてみろよ』

七桜『…いいよ』

そうして見せた七桜の顔は、つくり笑いで、変顔まじり。

椿『目がまったく笑ってないな』

椿は、両手で七桜の顔をぎゅっとはさみました。そして、そのまま七桜の額にキスをします。

椿『その顔が見られるのは俺だけだからな』

思わず真っ赤になる七桜。七桜の胸がズキンと痛みます。

(ほんとなんだ。ほんとに椿は「さくら」じゃない私のことー。)

ーその日の休憩時間。

城島が七桜を気遣い差し入れにお茶を持ってきました。

城島と相変わらず御菓子の話で盛り上がります。城島が立ち去ると、七桜はお茶を飲みました。

そして、そのまま眠気に襲われ、七桜は厨房で眠り込んでしまいました。

ー数日が過ぎ、お茶会当日。

七桜のつくった落とし文を見て、椿は『完璧な落とし文だな』と満足そう。

厨房の扉から、大旦那がこちらを眺めていました。椿と大旦那の視線が合い、大旦那は立ち去ってしまいます。

椿は何を思ったのか、こう言いました。

椿『落とし文、一つだけ俺に作らせてくれ』

七桜は、以前茶室で大旦那が『偽りの心を持つものが作ったものなど、食べる気にならん』と言った言葉を思い出します。

七桜『どうして?椿さんは大旦那さまと何があったの?』

ー場面は変わり、夕子の呑み屋。

夕子の呑み屋に、光月庵の女将が入ってきました。

何食わぬ顔で酒を注文し、夕子は驚くのでした。

(厨房でのシーンは胸キュンしますね!)

いつもツンツンしている椿が、やきもちでしょうか?

(七桜の笑顔がみたいと素直に言えばいいのにね〜。)

『笑ってみろよ』と挑発するあたりは、相変わらず不器用。

しかし不器用なわりには『その顔が見れるのは俺だけ』とかいう、ストレートな言葉をぶっこんでくるので、たまりません。

また、休憩時間に城島が差し入れたお茶ですが。

実はこのお茶には細工がされていました。城島が茶を持っていこうとしたところに、女将がお茶を差しかえたのです。

(たぶん睡眠薬でも入れたんでしょう)

そして七桜が眠っているすきに、夕子の店の名刺を盗み見て、女将は夕子の店を訪れました。

(次話でネタバレされてます)

また、お茶会当日の、椿と大旦那の様子も気になりますね。

大旦那と視線を交わした後、椿は、一つだけ落とし文を作らせて欲しいと話しました。

大旦那の『偽りの心を持つものが作ったものなど、食べる気にならん』という言葉の真相は何なのか?

それは次話で明かされます。

▶続きのネタバレ感想はこちら

私たちはどうかしている|原作漫画の巻数・話数は?

漫画『私たちはどうかしている』は、講談社の女性漫画誌『BE・LOVE』で連載している『安藤なつ』による人気作品です。

漫画の巻数・話数の対応表(ネタバレ感想リンク含む)はこちら↓

漫画(巻数) ネタバレ対応リンク(話数)
1巻 1話2話3話4話5話
2巻 6話7話8話9話10話
3巻 11話12話13話14話15話
4巻 16話・17話・18話・19話・20話
5巻 21話・22話・23話・24話・25話・電子版特典①
6巻 26話・27話・28話・29話・30話
7巻 31話・32話・33話・34話・35話
8巻 36話・37話・38話・39話・40話
9巻 41話・42話・43話・44話・45話
10巻 46話・47話・48話・49話・電子版特典②
11巻 50話・51話・52話・53話
12巻 54話・55話・56話・57話
13巻(最新) 58話・59話

電子版漫画の5巻と10巻には電子版特典が付いています。

電子版特典では、紙面漫画にはないオリジナル・ショートストーリーが掲載されています。

▼最新話/最新刊を無料で読む方法はこちら!

私たちはどうかしている|最新話/最新刊が無料!漫画を安くお得に読む方法漫画『私たちはどうかしている』は、講談社の女性漫画誌『BE・LOVE』で連載している『安藤なつ』による人気作品です。 https:...
テキストのコピーはできません。