漫画・小説

私たちはどうかしている|漫画9話/2巻ネタバレ感想!あらすじ考察

漫画『私たちはどうかしている』は、講談社の女性漫画誌『BE・LOVE』で連載している『安藤なつ』による人気作品です。

この記事では、漫画の第2巻に収められている第9話のネタバレ感想を書いていきます。

他の話数のネタバレ感想はこちらをクリックしてご覧ください。

私たちはどうかしている|漫画9話/2巻ネタバレ感想

漫画『私たちはどうかしている』の第9話タイトルは『夫婦らしいこと』。

直前話のネタバレ感想はこちら

《ネタバレあらすじの内容をざっくりと解説!》

白藤屋の女将は七桜の最中にすっかり満足し、ふたりの結婚式はいつなのか、と聞いてきます。

椿は、式の予定はないと答えるものの、女将は「人生の節目にはぜひうちで着物を仕立てて欲しい」と話すのでした。

その帰り道ー。

光月庵の名誉を挽回することができたものの、椿は『どうしてひとこと相談がなかったのか』とムカついていました。

道端で椿と七桜は言い争います。

椿は『こんなんで式はいつかとか…白藤屋さんもどうかしてるな』薄笑いし、七桜も『そうだね』と返すしかありません。

そうして七桜は、道端で仲睦まじく手を繋ぎ楽しそうに歩く夫婦をみやり、ふと押し黙るのでした。

椿は七桜の視線の先に気づくと、チラリと七桜を見て『やってみるか。一度、夫婦らしいこと。』と手を差し出しました。

七桜は黙ってその手を握ります。

これも駆け引きなんだから…。ドキドキなんて、したりしない。

手を繋いで道を歩く椿と七桜は、まるで夫婦のよう。

椿はまわりからの視線を感じて『こんなことで、ほかからは夫婦や恋人に見えるんだな。ずいぶんと簡単なものだ』と冷ややかです。

しかし七桜は『好きだから手を繋ぐ。ずっと変わらないことだからほっこりする。光月庵のあんこも、そういうのを大切にしているのかも。』と呟きました。

七桜は椿に言います。

『ねぇ、大旦那さまともちゃんと話してみたらどう?もしかしたら分かってもらえるかも』

しかし椿は怪訝な顔をして、繋いだ手を離しました。

『あんた、やっぱり甘ちゃんだな。白藤屋さんにすこし認められたからって、分かった気になるな』

椿はそう言って早足で先に帰ってしまいました。

(この帰り道のシーンはドキドキしますね)

椿は、七桜がひとことの相談もなく、最中を差し替えたことにイラつきます。

椿『俺が焦るのを見て優越感に浸りたかったのか』

七桜『違う…言ったら反対すると思ったから』

椿『勝手に決めるな』

七桜『するでしょ。最終的には差しかえたり…』

(険悪だ〜!!)

椿も七桜もまだお互いを信頼できないのは当然ですよね。

ただ、この後、手を繋ごうと手を差し出したのは椿から!

椿は厨房で七桜の菓子作りへの情熱を認め始めているし、だからこそ今回のことは相談がなくて悔しかったのかもしれません…。

とはいえ、ここで大旦那の話にまで踏み込んでしまうのは、やり過ぎだったようです。

椿は不機嫌になり手を離してしまいました。

《ネタバレあらすじの内容をざっくりと解説!》

ーその夜。

七桜が白藤屋さんに昔ながらの光月庵の最中を持っていったことは、大旦那も知るところとなりました。

七桜は大旦那から家族の食事の席に呼ばれます。

大旦那は『白藤屋さんの信頼を失わずにすんだのはこの娘のおかげだ』と話し、椿に酒を持ってくるようにと言いました。

椿は席を立ち部屋を出ていきます。大旦那は七桜に向かって話しはじめました。

和菓子のなかでも、ひときわ職人のセンスが要求される落雁。

大旦那は落雁の魅力を語り、売れ行きが悪いことを理由に落雁を店頭からおろそうとする椿のことを、こう言いました。

『あいつには職人としてのプライドも和菓子に対する愛も、なにもない。愚かでどうしようもないやつだ』

しかし、七桜は言い返します。

『そんなことないと思います。椿さんは大旦那さまに負けないくらいこの店を大事にしています』

大旦那は驚き、七桜に、椿のことを愛しているか?と聞いてきます。七桜は頷きました。

するとー。

大旦那は七桜に茶碗を投げつけました。

『嘘を付くな!おまえたちは結婚するとか言いながら部屋も別々ではないか。私は騙されんぞ

この家に入り込んできた女が二人いた。一人はこの女狐(女将)だ。もう一人は職人だと言って入ってきて息子の命を奪った。お前は何を奪うつもりだ』

大旦那が七桜に詰め寄ろうとしたところに椿が現れ、大旦那に酒を浴びせました。

『僕の妻をいじめないでもらえますか』

酒を持って戻ってきた椿は、大旦那と七桜の会話を聞いていたようです。

椿は七桜を抱き寄せ七桜に言いました。

『俺の部屋へ来い』

このシーン。大旦那の変貌ぶりが凄まじいですね…。

大旦那は白藤屋から名誉挽回した七桜をもてなすものの、信頼したわけではなかったようです。

大旦那にとって、光月庵の当主だった息子は大切な存在でした。

息子を奪った女が2人いて、ひとりは女将、もうひとりは七桜の母親だった、というのです。

ん?と思いますよね。

もしかして三角関係だった?

大旦那は椿のことを本当の孫ではないと言っていましたし、以前別のシーンでは、15年前の「さくら」の行方を気にしていたこともあります。

もしかして七桜が大旦那の本当の孫かも?という推察が出てきますね。

大旦那は、七桜と椿の部屋が別々なことも知っていました。

その様子が普通でないので、何か企みがあるに違いない、と疑っていたようですが。

これをきっかけに、七桜と椿は、同じ部屋に住むようになります!

続きのネタバレ感想はこちら

私たちはどうかしている|原作漫画の巻数・話数は?

漫画『私たちはどうかしている』は、講談社の女性漫画誌『BE・LOVE』で連載している『安藤なつ』による人気作品です。

漫画の巻数・話数の対応表(ネタバレ感想リンク含む)はこちら↓

漫画(巻数) ネタバレ対応リンク(話数)
1巻 1話2話3話4話5話
2巻 6話7話8話9話10話
3巻 11話12話13話14話15話
4巻 16話・17話・18話・19話・20話
5巻 21話・22話・23話・24話・25話・電子版特典①
6巻 26話・27話・28話・29話・30話
7巻 31話・32話・33話・34話・35話
8巻 36話・37話・38話・39話・40話
9巻 41話・42話・43話・44話・45話
10巻 46話・47話・48話・49話・電子版特典②
11巻 50話・51話・52話・53話
12巻 54話・55話・56話・57話
13巻(最新) 58話・59話

電子版漫画の5巻と10巻には電子版特典が付いています。

電子版特典では、紙面漫画にはないオリジナル・ショートストーリーが掲載されています。

また、最新刊(13巻)は現在まだ発売されていません。

最新話は女性雑誌『BE・LOVE』連載で、途中の話までが公開されています。

最新話 公開日
58話 2020年5月1日(『BE・LOVE』6月号掲載 )
59話 2020年6月1日(『BE・LOVE』7月号掲載 )
60話 2020年7月1日(『BE・LOVE』8月号掲載 )

▼最新話/最新刊を無料で読む方法はこちら!

私たちはどうかしている|最新話/最新刊が無料!漫画を安くお得に読む方法漫画『私たちはどうかしている』は、講談社の女性漫画誌『BE・LOVE』で連載している『安藤なつ』による人気作品です。 https:...
テキストのコピーはできません。