漫画・小説

私たちはどうかしている|漫画10話/2巻ネタバレ感想!あらすじ考察

漫画『私たちはどうかしている』は、講談社の女性漫画誌『BE・LOVE』で連載している『安藤なつ』による人気作品です。

この記事では、漫画の第2巻に収められている第10話のネタバレ感想を書いていきます。

他の話数のネタバレ感想はこちらをクリックしてご覧ください。

私たちはどうかしている|漫画10話/2巻ネタバレ感想

漫画『私たちはどうかしている』の第10話タイトルは『ひとつの部屋で』。

直前話のネタバレ感想はこちら

《ネタバレあらすじの内容をざっくりと解説!》

椿は大旦那に『今晩から七桜と部屋をいっしょにします。それで文句ないでしょう』と言いますが

大旦那は椿に『お前が人を幸せにできるものか』と言い放ちます。

そこへ七桜が割って入りました。

『いままで結婚に反対されていましたので遠慮していました。でも認めていただけたようで嬉しいです。ありがとうございます、おじいさま』

驚いた様子の椿と大旦那。

冷静さを装う七桜でしたが、椿と廊下に出るなり、涙がこぼれました。

大旦那の『もう一人は職人だと言って入ってきて息子の命を奪った。』という言葉に何も言い返せず悔しさに震えるのでした。

椿の部屋に荷物を移し、七桜の涙も落ち着いた様子。七桜は椿に言いました。

『話し合えば分かりあえるとか…簡単に言ったりして、ごめんなさい』

椿は、七桜をぎゅっと抱き寄せ、顔を寄せました。

しかし、七桜は『私たちにはこういうのは必要ないでしょ』と、とっさに拒否。

椿は『そういうつもりで来たんだと思ったけど、違ったのか。悪かったな』と言いました。

(このシーンはやばい)

椿は、大旦那と分かりあえない苦しさを一人で抱えていたんでしょう。

七桜に、それを理解してもらえて嬉しかったのかなと思います。

椿も七桜も、もはや十分惹かれあっていると思いますが。

椿は言い方が素直じゃないし、七桜も自分の気持ちが分からなくて揺れていまい…。

(じれったい〜!!)

《ネタバレあらすじの内容をざっくりと解説!》

ー夜。七桜がお風呂から戻ってくると。

部屋に布団が2つ、敷いてあります。

椿はすでに自分の布団に入り、七桜側には背を向けて寝ていました。

白藤屋さんに昔ながらの光月庵の最中を持っていったことは、大旦那も知るところとなりました。

七桜が灯籠を消そうとすると、椿が『消さないでくれ。真っ暗だと眠れない』と呟きます。

七桜は謝り、椿側に背を向けて自分の布団に入りました。椿と七桜はお互い背を向けたまま話し始めます。

この部屋は、幼い頃の七桜が、こっそり隠れて何回か来ていた部屋でした。椿と一緒にお菓子をつくっていた「さくら」だった頃を思い出す七桜。

そしてー。

椿『七桜ってさくらなんだな』

(七桜はぎくりとします。)

椿『「七」つの「桜」』

(なんだ…漢字のことか。)

椿『昔…この家に「さくら」って名前の女の子がいて、ここでよく2人で御菓子を作った』

(覚えている…椿も)

七桜は椿に聞きました。

七桜『どんな子…だったの?』

椿『…大人しくて、泣き虫で。でも、この暗い家の唯一の明かりだった』

七桜は嬉しさに震えました。

そして背を向けていた椿の方に振り向くと、椿はこちらを向いて七桜を見つめていました。椿は、七桜の手に触れて、こう言いました。

『あんたの手は太陽丘の手だ。初めて会ったとき思った。こういう手は成功を掴む手だ。この手が俺の隣りにいたら何か変わるんじゃないかって。なのに、なんで…。あんたは…』

椿は、思い詰めた表情になり、ふっと七桜の手を離し、背を向けてしまいます。

幼い頃、椿に抱いていた恋心を思い出す七桜。

(ダメ…ダメなのに。)

そう思いながらも、七桜は椿を抱きしめました。

椿は驚いて振り返り、七桜を見つめ、そっと唇を重ねてきます。

(子供のころと違う私にしたのは椿なのに…大キライなのに。)

七桜と椿は、そのまま肌を重ねていくのでした。

ついに七桜と椿が結ばれてしまいました。

(この背徳感…萌えますね)

椿は、七桜が「さくら」だとは気づいていません。

(椿!それはさくら本人だよ!と言ってやりたい)

ちなみに、このときのキスは、作者の安藤なつ先生によると、流されキスだそうですw

 

《ネタバレあらすじの内容をざっくりと解説!》

ー場面は変わり。

女将は七桜の身元を探っていました。探偵から調査報告書を受け取り瞠目します。

調査報告書に書かれていた七桜の名前は、「旧姓:大倉七桜」。5歳の時の写真には、光月庵の職人だった母親の姿も写っていました。

ー場面は戻り。

七桜は、布団の中で椿と肌を重ねながら、椿に聞きました。

七桜『ねぇ…椿さん。もし、その「さくら」って子が目の前に現れたらどうするの?』

椿『「さくら」が…目の前に…』

椿は少し考え、そして、こう答えました。

椿『消えてもらうよ。俺の前から永遠に』

ついに、女将に七桜の素性がバレてしまいました。

椿は、七桜が「さくら」だとは気づいていません。

椿にとって、「さくら」はどんな存在なのか?

昔は「暗い家の唯一の明かりだった」とはいえ

椿にとっては父親を殺した犯人の子供。

さらに「光月庵の跡継ぎ」問題にも絡む危険が潜んでいるのです。

(椿にとっては「さくら」は親の仇であり、邪魔者ということに?)

それを知った七桜は、ますます複雑な思いを抱えるようになります。

続きのネタバレ感想はこちら

私たちはどうかしている|原作漫画の巻数・話数は?

漫画『私たちはどうかしている』は、講談社の女性漫画誌『BE・LOVE』で連載している『安藤なつ』による人気作品です。

漫画の巻数・話数の対応表(ネタバレ感想リンク含む)はこちら↓

漫画(巻数) ネタバレ対応リンク(話数)
1巻 1話2話3話4話5話
2巻 6話7話8話9話10話
3巻 11話12話13話14話15話
4巻 16話・17話・18話・19話・20話
5巻 21話・22話・23話・24話・25話・電子版特典①
6巻 26話・27話・28話・29話・30話
7巻 31話・32話・33話・34話・35話
8巻 36話・37話・38話・39話・40話
9巻 41話・42話・43話・44話・45話
10巻 46話・47話・48話・49話・電子版特典②
11巻 50話・51話・52話・53話
12巻 54話・55話・56話・57話
13巻(最新) 58話・59話

電子版漫画の5巻と10巻には電子版特典が付いています。

電子版特典では、紙面漫画にはないオリジナル・ショートストーリーが掲載されています。

▼最新話/最新刊を無料で読む方法はこちら!

私たちはどうかしている|最新話/最新刊が無料!漫画を安くお得に読む方法漫画『私たちはどうかしている』は、講談社の女性漫画誌『BE・LOVE』で連載している『安藤なつ』による人気作品です。 https:...
テキストのコピーはできません。